クリップスタジオのとっても早いアニメ塗りの方法

1枚のレイヤーに、塗りつぶしをします。

気をつけるのは、普通に塗りつぶすと線画のところは塗りつぶせずすきまがあくので、あかないように塗りつぶすことです。

                       このような設定にすると、すきまがでにくいです。

②すきまなくうめて、塗りつぶしを完成させます。

  下記のようになります。

 「囲って塗る」ツールも使うと、とても楽に隣にはみだしたのも、すぐ修正できます。

また使い方は、後日ブログでも公開できればと思います。

③塗りつぶしたレイヤーの上に、ラスターレイヤー、モノクロ、乗算50%をつくり、アニメの影塗をしたいところに、描画色は黒色で塗りつぶしをいれます。

1枚のレイヤーに全部塗りつぶします。

④グレー塗りをしたレイヤーの上に、乗算のラスターレイヤーをつくり、肌は肌などの本当の影の色を流し込みます。

その時の「他レイヤー参照」の塗りつぶしの設定を変えます。

隣接ピクセル、領域拡縮、アンチエイリアスのチェックをはずします。

色の誤差は 0 

描画色をたとえば、肌色の影の色に変えて、肌色のところでこでもいいので、1か所グレーで塗ったところをクリックすると、塗りつぶしで肌色で塗ったところが、離れているところでも肌の影の色が一斉に塗れます。

レイヤーもいちいち分ける必要がありません。

色を変えたいときも、塗りつぶしや影を塗ったレイヤーなどで、変えたい色で上記の「他レイヤー参照」の設定にすると、一瞬で色が変えられます。

(※ブラシなどで塗ったムラのある塗り方では、色変更はできません。

  アニメ塗のように塗りつぶしツールをつかった色塗りのところだけ、変更が可能です)

1枚のレイヤーでグレーで全体に影をつけること、そしてそのあとすぐ塗りたい影の色を落とし込めるので、電子書籍でカラー漫画を連載している方、広告マンガを描かれる方、イラストで塗り分けが多いものなどにはかなりスピードアップできる便利な塗りかたなので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あえてブログで紹介をさせていただきました。

現在フルカラーの漫画のお仕事をしていて、在宅さんにそろそろ色塗りをお願いしているのですが、在宅さんもよくやりかたや設定を知らない方が多く、メールやスカイプでの説明にかなり時間をとられてしまったので、

まとめておこうと思った次第です。

他のグレーで影をつけて塗っている記事関連

影つけまで、終了しました^^

桜庭 あさみHomePage 「クリップスタジオのとっても早い色の塗り方」より

#クリップスタジオ #色塗り

Featured Posts
★クリックよろしくお願いいたします^^
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square